不動産投資 2022.12.12

会社員の副業には不動産投資がおすすめ!他の副業との比較とおすすめの理由4選

会社員の副業には不動産投資がおすすめ!他の副業との比較とおすすめの理由4選

コロナ禍、円安、物価高…しかし給料は上がりません。このため、会社員としての本業の傍ら、副業を始めたいと考えている人も多いことでしょう。会社員におすすめとされる副業の中には、あまり現実的ではない副業も多いため、これから副業を始めたいと考えている会社員は選び方に注意が必要です。多くの会社員におすすめできる副業といえば、不動産投資をおいてほかにありません。

目次

その副業、ホントに会社員におすすめ? 

会社員の副業についてインターネットなどで調べてみると、大抵のサイトでは以下の副業をおすすめしています。

  • ダブルワーク
  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • 転売

色々なサイトがおすすめしているものの、会社員という属性を考えると、これらの副業は現実的ではありません。

その理由を簡単にみていきましょう。

ダブルワークは負担が大きい 

ダブルワークは、誰もが最初に思い浮かべる副業です。しかし会社員として働いている以上、平日は少なくとも8~9時間は拘束されます。それ以外の時間でダブルワークに取り組むのは、時間的・肉体的に大きな負担になります。そもそも会社員は副業を禁止されていることが多いため、休日に働くことも現実的ではありません。

クラウドソーシングはレッドオーシャン

会社に内緒で副業を始める場合、家でできる副業に限られます。クラウドソーシングは在宅でできる副業の代表ですが、実際には簡単ではありません。コロナ禍で利用者が激増したことにより、今やクラウドソーシングはレッドオーシャンです。会社員が副業に選んでも、本業の片手間で十分な収益を上げていくのは困難といえます。

アフィリエイトは費用対効果×

「ネットを使って不労所得」のイメージが強いアフィリエイトですが、こちらはクラウドソーシング以上にハードルが高いです。アフィリエイトマーケティング協会のデータによれば、アフィリエイターの65%以上は月に1万円以上を稼ぐことができません。ビジネスが軌道に乗るまでの期間、収益のほとんどない中で毎日2~3時間の作業を強いられます。もちろん、この作業がいつまで続くかは不明です。会社員におすすめとされる副業の中で、アフィリエイトは費用対効果が最も悪い副業です。

転売は危険

最後に残った転売は、会社員にはおすすめできません。転売できる商品の選定に手間がかかるだけではなく、仕入れコストが先行するため家計を圧迫します。商品の選定に失敗すれば在庫を抱えることとなり、多額の損失が発生することも珍しくありません。収入を増やすために副業を始めるのですから、損失リスクの大きい転売は避けるべきでしょう。

会社員の副業には不動産投資がおすすめ 

色々ある副業の中でも、会社員に最も適しているのは不動産投資です。おすすめの理由は4つあります。

理由1:忙しい会社員でも無理がない 

会社員が副業するときに一番の問題となるのは、本業が忙しいことです。これによって多くの副業がNGとなるわけですが、不動産投資は忙しい会社員でも無理なく取り組むことができます。不動産投資で手間がかかるのは「不動産を買うまで」です。不動産を買ってしまえば、それ以降はあまり時間をかけずに収益を得ることができます。もちろん、不動産選びは慎重に進める必要があり、それなりに時間もかかります。

例えば、インターネットで物件を毎日チェックしたり、気になった物件があれば実際に物件を見学したり。とはいえ、物件情報は本業が終わってからチェックすればよく、物件の見学も週末にこなせば問題ないでしょう。他の副業は時間的に無理がありますが、不動産投資ならば会社員でも無理なく取り組めます。

理由2:購入後の負担が少ない

不動産を購入してしまえば、それ以降の負担は非常に小さいです。家賃収入を得るためには入居者を募集する必要がありますが、これは管理会社がやってくれます。もちろん、入居者からの問い合わせやクレーム対応、物件の清掃、家賃の回収なども全て管理会社に委託できます。満室になるまでは、管理会社と募集条件を協議するなどの手間がかかりますが、それも他の副業に比べると大した負担ではありません。購入後の数ヶ月で満室にしてしまえば、その後にやることといえば入金レポートを月1回チェックする程度です。

理由3:安定収入を確保できる

家賃収入が安定していることも、会社員にとって大きな魅力といえます。入居者が数ヶ月以内に退去することはほとんどなく、多くの人は数年にわたって住み続けます。例えば、学生ならば入学から卒業までの4年間にわたって住み続けるのが普通です。したがって、入居者さえ決まってしまえば、長期にわたって安定した家賃収入を確保できます。クラウドソーシング・アフィリエイト・転売といった副業は収入が不安定になりがちですが、不動産投資にはその心配がありません。

また、景気感応度が低いことも家賃収入の特徴です。景気が大幅に変動したからといって、家賃が大幅に変動することはほとんどないのです。ダブルワークは不景気を理由に解雇されることも多く、収入を断たれる可能性があります。しかし不動産投資は、好景気でも不景気でも安定した収入が期待できます。

理由4:融資を受けやすい

不動産投資は、会社員の強みを活かせる副業です。なぜならば、会社員の収入源である給与所得は安定性が高く、銀行から融資を受けやすいからです。購入する物件が決まると、銀行から融資を受ける必要があります。このとき、会社員であるかどうかによって融資のハードルが大きく変わってきます。自営業者や専業大家は融資で苦労することが多いのですが、会社員は属性評価が高いため融資交渉が比較的容易です

まとめ

会社員は本業を抱えており、時間的・体力的に余裕がありません。本当におすすめできる副業は限られています。会社員特有の事情に照らし合わせて考えると、不動産投資ほど適した副業は他にないでしょう。忙しい中でも無理なく取り組むことができ、収入の安定性にも優れ、さらには会社員という属性が融資で強みを発揮します。副業としての不動産投資に興味があるならば、まずは情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

(以下、セミナーや資料請求の案内)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加